GARAKUTA*CATALOGUE

息子とクマをこよなく愛する人の戯言とか。たまに闘病を余儀なくされた母のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

科捜研の女 4(再) FILE.2

今回は事件発生直後に事故に遭い、
その前後の記憶がなくなってしまった容疑者の脳指紋を調べていく話。
しかし、記憶のない相手(しかも若い女性)に対して
執拗に犯人だろうと問い詰める新山刑事がえげつない。(´Д`)
しかも検査の結果、殺人に対する何かを知ってるだけで犯人とは断定できないと出たにもかかわらず、
さらに追い詰めて自殺にまで追い込んでしまいます。(未遂ですみましたが)
さらに、それを検査のせいとマリコさんを責め。

いや、これお前のせいだろ。(-_-メ)

結局、マリコさんたちの努力によって
真犯人を捕まえることができましたが、この暴走刑事何とかなりませんかね?
この先変わっていくんですかね…どうだか。(´~`;)
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 4(再) FILE.1

マリコさん、死体と事件と現場をひっさげて
京都府警に戻ってくる。( ̄▽ ̄;)


…あまりのらしさに吹きましたよ。

そして前シリーズ最終回で直木賞を受賞した武藤さんが
えらく変な文学者になってました。(゜Д゜;)
…この人、初めはプロファイリングしてたはずなのに。( ̄Д ̄;;
まぁ、おもしろいのでいいですが。

ぶっちゃけ、事件のことがどうでもよくなる内容でした。( ̄▽ ̄;)ハッハッハッ
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 3(再) file.Ⅵ

女子寮の怪奇現象に挑む科捜研のメンバーたちの話。

探ってみれば、寮の取り壊し反対の学生グループの仕業だったのですが、
さらにその後ろに糸引く犯人がいたというどんでん返しが。
その犯人が鶴ちゃんの憧れの人だったということで、
最後の彼の泣きが切なかったです。

まぁ、マリコさんがまったく幽霊やらを信じないのはあいかわらずですが、
他の面々のビビりぶりがある意味滑稽でした。
特に、白目むいた女子高生を見たときのモコちゃん。( ̄▽ ̄)
図体でかいのに限って気が小さいというお約束を
体現しておりました。

…やっぱりモコちゃん、おいしいわ。
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 3(再) file.Ⅴ

今回の事件は、ビルから転落死した警備員が
じつは殺人ではなく自殺だったというものでした。
しかもその警備員が木場さんの元同僚だった上に、
自殺の理由が奥さんの手術の費用の捻出のためということで
木場さん(と、マリコさんもか)は真実をとるか人情をとるかの選択にせまられます。

結局は真実をとったわけですが、
それがかつての同僚が言った言葉からというのが皮肉というか何と言うか。
まぁ、それがなくても
この2人は真実をとるんでしょうがね。

ところで今回でマリコさんのお母さんが帰ってしまいました。
最終回までいると思ってたんですがね…
個人的には好きな部類キャラだったので残念です。(´~`;)
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 3(再) file.Ⅲ

今回はお母さんと一緒に出かけたイベント会場で
プールで死体が発見されます。
…が、なにやらfile.Ⅰとかぶってましたね。( ̄Д ̄;;
あれも水死だったし。

感電による事故死と思われてたのですが、
発見時の死体の向きや死斑の出方がおかしかったところから
殺人であることが発覚。
さらにマリコさんのお母さんが撮っていたビデオから
犯人がわかって終了、なのですが。

帰り際にスタッフの人を撮る人って
あんましいない気がしますよ、お母さん。( ̄Д ̄;;

いちおう記念なんですかね。( ̄~ ̄;) ウーン
まぁ、話の展開的には
これがないと進まないのはわかりますが。
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 3(再) file.Ⅱ

そういえば、前回書きそびれましたが
マリコさんのお母さんが旦那とケンカして転がり込んできました。
…もっと、こう関西系のおばはんみたいな印象があったのですが
ぜんぜん違いましたね。( ̄Д ̄;;

でも考え方は独特のようですな。
陶芸家の壷を見て、
漬物を漬けるのにちょうどいいとか言うところとか。( ゚д゚ )ポカーン
まぁ、価値観は人それぞれですし。

今回の事件は陶芸家の弟子同士の確執によるものでしたが、
それを証明するために壊れた壷をつなぎ合わせていくことに。
科捜研メンバーのブーイングに、真剣にブチ切れするマリコさん。
それを見て、1人また1人と手伝っていくところが
今回一番いい場面でしたね。

しかしメンバーの中で、
大柄無口のモコちゃんはおおむね協力的ですね。
たまに声を出すのにツッコまれたりと
微妙においしいポジションですな、おぬし。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ところで、もう1つ余談ですが
なぜに前回プロファイラーしてた武藤さんが小説家になってるのさ。(゜ロ゜;)エェッ!?
しかもかなりキャラが変わってません?
…一体彼に何が。( ̄Д ̄;;

前回出てた著書の『科捜研の男』には笑えましたが。( ゚∀゚)・;'.、グハッ!!
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 3(再) file.Ⅰ

なにやら陰謀か何なのか、
科捜研の女が順番に放送されている…( ̄Д ̄;;
ということで、すでにシリーズ3までやってます。
自分としちゃ、願ったりなのですがね。

しょっぱなから独女ぶりを発揮するマリコさん。
しかし、旦那や彼氏持ちの友人ばっかと
なぜに集まったのかが謎ですが。( ̄Д ̄;;

そんな最中に水死体が発見され、はじめは事故死と断定。
しかし調べていくにつれて殺人だったとわかるわけですが。
それにしても犯人の料理屋の女将さんには同情しますが、
その友人の魚屋…なぜにダメ男と復縁するように頼むのさ。( ̄Д ̄;) ガーン
いくら友達でも、どうよと思うのですが。

ところで今シリーズでは、
前シリーズと打って変わってマリコさんの捜査介入を
科捜研メンバーがほぼ快く思っていないようですねぇ…
まぁ、シリーズ1もそんな感じはあったのですが、
それよりもさらに厳しいですな。
しかし、この面々がどうまとまっていくかも楽しみだったりします。
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 1(再) File.9「魔性」

影の首謀者(というほどでもない気がしますが)・光の策略で
一旦はマリコさんも科捜研の面々や城丸さんから離れられてしまいますが、
結局最後はそれぞれ団結してラストへと向かっていきます。

光はマリコさんと自分が似ていると言ってましたが…
いや、まったく正反対ですよ。
生活感のないあっさりした光の部屋と
生活感だだもれなほどに散らかってるマリコさんの部屋を比べれば、もう一目瞭然じゃないですか。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
まぁ、最後は
「私は影、光になりたかった」
と言って、自殺しちゃうわけですが。

最後まで光は正体不明のままだったのですが
結局わかったんですかね?
その辺が消化不良なような。( ̄~ ̄;) ウーン

京都府警を去る木場さんを待ちかまえていたマリコさん。
なぜここがわかったのかと訊く木場さんに
「勘かな」
と答えるところが、なかなかよかったです。
File.1の初対面のシーンにもつながるんですよね、この問答。
最後はうまくまとめたな、と思いました。
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

科捜研の女 1(再) File.8「光」

4年前の警官殺しのことでわかったことがあると
マリコさんに連絡をしてきた西大路先生の旦那さんが事故死。
しかも、どうやら木場さんの奥さんと
おんなじ状況っぽいということで捜査することに。
…といっても、上層部の人々はそれをよくは思ってはいないようです。
そんなわけで、マリコさんの元旦那は窮地に立たされるわけですが。
まぁ、よくあることですね。
たぶん現実でも。( ̄▽ ̄;)

西大路先生の旦那さんの残したダイイングメッセージは
結局トリックのことなのか黒幕の名前なのか
はたまた両方をさしてたのかが謎でしたね。
というか、ほんとにどうなんだスタッフの方々。( ̄Д ̄;;

今回のことで、西大路先生もマリコさんの側に寄ってきましたね。
こうやって味方が増えていくのっていいですよね。

最後に奥さん殺した犯人と対峙した木場さんが
相討ちな感じで撃たれて病院へ…というところで終わり。

しかし、当時の時代のせいか何なのか
光サン…眉毛太いな。( ̄Д ̄;;
なんか違う意味で残念なことになってますよ。
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

臨場 2(再) 第8話『証言』 

若い母親がマンションの階段で転落死したのを
たまたま調査で通りかかっていたフクロウ隊なる方々が
不審な音として拾ったことで発見したことから話が始まります。

はじめはDV夫によるものかと思われていたのですが
音の聞こえ方に疑問を持った倉石さんたちによって真実が暴き出されていきます。
しかし大家さん…
その御年で横恋慕というのは如何なものか。( ̄Д ̄;;

きっと戻ってくると言った母親の言葉を信じて
すでに息絶えた母親の足に靴を履かせなおす息子が何とも悲しかった。
最後は母親の死を受け入れたっぽいですが、
ともあれ息子の今後に幸あれです。
blogram投票ボタン
別窓 | MOVIE & DRAMA (or DVD) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| GARAKUTA*CATALOGUE | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。